TOP

こうのとり通信

更年期の記事一覧

更年期障害は、一人ひとり原因が異なる難しい病気です。正しい知識とそれぞれの患者さんに合わせた丁寧なカウンセリングと治療が必要です。

更年期障害とは、更年期(生殖期から非生殖期の間の移行期間のことで、卵巣機能が減退し始め消失するまでの時期。具体的には閉経の前後5年、合計10年間)に現れる多種多様な症状のなかで、器質的変化に起因しない症状を更年期障症状と呼び、これらの症状のなかで日常生活に支障を来す病態を更年期障害と定義します。(日本産科婦人科学会編  産科婦人科用語解説集より)

更年期障害は本当に治療が難しい病気のひとつです。何故なら原因がとても複雑で、あまりにも個人差が大きく、訴える愁訴も多岐に渡るからです。従って、「あ、更年期障害だね。◯◯◯出しておきますね。」というような画一的な治療では良くはなりません。

その患者さんと真摯に向き合い。主な原因は何なのか、例えば単にエストロゲンが欠乏しているだけなのか、それとも性格や生活習慣、文化的背景が影響しているのかなど、懇切丁寧にカウンセリングする必要があります。その上で、HRT(ホルモン補充療法)が有効なのか、漢方が有効なのか、それとも他の薬にすべきなのか、はたまた運動やカウンセリング中心で薬は控えるべきか...。というように一人ひとりの患者さんに合わせた、テーラーメイドの治療が必要不可欠になります。

更年期は、男女問わず誰にでも訪れます。ですから、長い人生の集大成でもあるこの時期をいかに豊かに暮らすかが非常に大切になってきます。更年期障害でお困りの方はどうぞお気軽にご相談ください。


shinsatsu.jpg

小さな医院だからできること。患者さん毎に異なる小さなお悩みや症状に、一人ひとり丁寧に対応するクリニックを目指しています。

更年期障害に限ったことではありませんが、当院では一人の患者さんに、病気のことや治療のこと、お薬のことなどを時間を掛けて、十分納得されるまでご説明することを心掛けています。時には厳しい事や耳の痛いことも敢えてお話いたしますが、すべては患者さんのことを第一に考えてのことですので、ご理解くださればと思います。

当院では「薬が欲しい」と来られた患者さんを診断して、不必要と判断すれば薬は出しません。「◯◯医院の◯◯先生は、二つ返事で薬を出してくれたのに...」と仰る患者さんがいらっしゃいますが、上記のように当院では患者さんが納得されるまでご説明いたします。薬を出したり、手術をするだけが医者ではないと考えています。

広瀬レディースクリニックは、小さな医院です。ベッド数も少なく、スタッフも決して多くはありません。医師も広瀬敏行ひとりです。しかし小さな医院だからこそ、できることがあります。「少し生理が遅れている」「病院に行くほどでもないけれど、少し生理が不規則で心配だ」「最近眠れないけれど、心療内科には行きづらい」など、どんな小さな悩み事や症状でもお気軽にご相談ください。当院は患者さんとの距離を大切にした、アットホームな医院を目指しています。

広瀬レディースクリニック
薬剤師 広瀬 久美子

記事のカテゴリ

月別記事一覧