TOP

こうのとり通信

今月の生花〈皐月:五月〉玉藤(タマフジ)

201700501_05.jpg

まだ朝晩と少し肌寒い日もありますが、はやいものでもう5月。例年よりも少し涼しい気がしますが、世間はゴールデンウィークに入り、9連休になる会社もあるようです。気持ちのよい季節、皆さんも色んな所にお出かけされると思います。京都は、鴨川の「納涼床」や貴船の「川床」が5月1日より始まり、いよいよ夏の趣に変わりつつあります。
 
5月といえば、「端午の節句」。今ではあまり見かけなくなりましたが、鯉のぼりの季節でもあります。大中小の色とりどりの鯉のぼりが、青空に気持ちよさそうに泳いでいるのを見かけると、なんだか晴ればれとした気持ちになりますね。
 
この「端午の節句」(たんごのせっく)とは五節句のひとつで、五月は午の月にあたり、五月の最初の午の日(五日)を祝う風習から、5月5日を「端午の節句」と呼ぶようになったとのことです。日本では男の子の健やかな成長を祈願して鯉のぼりを上げたり、鎧兜(五月人形)を飾ったりする習わしがあるのは皆さんもご存知ですね。この「端午の節句」は「菖蒲の節句」とも言われ、「菖蒲」が「尚武」と同じ音であることから、昔の武家では殊にこの行事を盛んに祝うようになり、今も鎧兜を飾る風習が残っているようです。
 
また、「尚武」といえば「勝負」とも同じ音ですね。勝負事の神様といえば、当クリニックにも近い藤森神社があり、5月5日は「藤森祭」として「駈馬(かけうま)神事」が行われます。勝負の神様と駈馬から競馬の神様として、騎手や厩舎関係の方々がたくさんお参りされ、競馬ファンも訪れるスポットなっています。紫陽花でも有名で、6月には「紫陽花祭」が開催されます。ぜひ一度お立ち寄りください。
他にも5月5日は上賀茂神社の「競馬会神事」が行われ、12日には下鴨神社「御蔭祭」、15日は京都三大祭りのひとつ「葵祭」が催されるなど、見どころ満載です。
 
さて、今月の生花は「玉藤(タマフジ)」です。青紫の連なる花が豪華で美しいお花です。明るいお日様の光に照らされて、いきいきとした姿をぜひご覧ください。

201700501_02.jpg201700501_03.jpg201700501_01.jpg

記事のカテゴリ

月別記事一覧