TOP

こうのとり通信

今月の生花〈神無月:十月〉オバケケイトウ・カンレンボク・ノイバラの実

20171012_01.jpg

今年も早いもので残すところ三ヶ月、80日ほどとなりました。一年が過ぎるのが年々早まる気がします。今月は「神無月(かんなづき)」。日本中の神様が出雲に集まるため、神様の居ない月ということでこの名前になったとか。逆に出雲地方では「神在月(かみありづき)」と言うそうです。この神無月は日本各地でもお祭りがたくさん行われる月でもあります。秋の収穫の季節ということもあり、豊作を祝って皆で神様に感謝する気持ちの現われと言います。四季のある日本の良い風習ですね。新米や秋の味覚に舌鼓を打つ機会も増え、体重が増えてしまう方も多いのではないかと思います。美味しいものを食べて、精神的に満たされるとともに、適度な運動でより健康的な秋を満喫してくださいね。

さて、今月のお花は「オバケケイトウ」「カンレンボク」「ノイバラの実」。燃えるような赤や黄やオレンジの色が美しい「オバケケイトウ」は、ふかふかとした感じが思わず触ってみたくなります。「カンレンボク」は、ミズキ目ヌマミズキ科カンレンボク属の落葉高木で、本来は背の高い木で、夏にはクリーム色の花が咲きます。写真は秋に成る実で、遠目には栗の実ようにも見えます。「ノイバラ」はノバラ(野薔薇)ともいい、日本のノバラの代表的な種類とされています。5〜6月にかけて白いきれいな花を咲かせます。

20171012_05.jpg20171012_03.jpg20171012_04.jpg

京都の秋といえば、各地のお寺や神社も見どころいっぱい。美しい紅葉を一目見ようと、今や世界中から観光客が訪れます。各お寺や神社では秋の特別拝観が開催され、美術館・博物館も特別展が開催されます。10月15日には、当クリニックからも近い「城南宮祭(神幸祭)」が、また22日には、京都三大祭りの「時代祭」、「蔵馬の火祭」など楽しみですね。

城南宮祭(神幸祭)
開催日:10月15日(日)9時~
場 所:城南宮

時代祭
開催日:10月22日(日)7時〜
場 所:京都御所〜平安神宮

蔵馬の火祭
開催日:10月22日(日)18時〜
場 所:由岐神社

記事のカテゴリ

月別記事一覧